· 

Tour de Arita に出展しました。

佐賀の有田町で開催された Tour de Arita に出展してきました。

 

ヨーロッパの旧車が集まり、有田の街並みを走るという優雅なイべントです。

 

今回は、北九州でヨーロッパ車を扱われているイデオートサービスさん http://ide-auto.com/ のお誘いで、フランスのシトロエン1964年式のAmiというエレガントなご婦人にFlickaを連れてもらい、展示出品させて頂きました。

 

ヨーロッパの旧車イベントでしたがFlickaにも好意的なお言葉をたくさんいただきました。

 

 

肌で木を感じることが出来るのは、小さなFlickaならではの体験です。

 

外から見た時には小さいと思ったけど実際に中に入ってベンチに座ると思ったより広いね、ゆったりと過ごせるといわれることが多く、実物を体感して頂ける今回のようなイベントには出来る限り参加したいと思います。

今回の牽引車のシトロエン Ami は1964年前の車ですが、ヒッチメンバー(トレーラーを牽引する際の接続金具)は当時のものがついています。

 

いかにヨーロッパではトレーラーの歴史が長いかを実感しました。

 

しかし、このシトロエンもですが、本当に美しいフォルムです。

 

魅力的なラインや、フォルムはどうやって生まれてくるのかと、感心してばかりいました。

日本はこんな価値ある古い車に対して古いほど高い税金をかける仕組みを採用していますが、ヨーロッパ諸国では古い車程税金は安くなるそうなので、長く大切にものを使いたくなる文化が育ちますね。

羨ましいです。

 

 

こんな美しい車のシートに座り車らしいエンジン音に包まれ、窓越しに見える有田の風景を見ながらのドライブはさぞかし気持ちよかったのではないでしょうか。

 

私達もいつかはFlickaを牽引してエントリーしてみたいと思いました。

 

 

I.D.E AutoService の井手さん、お世話になりました。

 

ツールドアリタの皆様、関係者の皆様、ご来場いただいた皆様、楽しい一日をありがとうございました。